医師の転職方法:直接応募について。

直接応募する

 転職活動は人によって様々です。友人の紹介、転職サイトの利用…他にも多くの転職方法がありますが、その中に「直接応募」という手段があります。

 

 それでは、「直接応募」とは何でしょうか。どういった方法で、どうやって実際にそれを行うのでしょうか。
 また、メリットやデメリットは存在するのでしょうか。「直接応募」のなぜにお答えします。

 

病院に直接応募する

 医療機関や施設のホームページなどから採用情報を入手し、そのまま自分で直接応募することで転職することも可能です。
 直接応募にもメリット・デメリットが存在します。

 

直接応募のメリット

 自分で直接、医療機関や施設と連絡を取るので、やり取りが非常にスムーズです。しかし、反面、自分で全て連絡を取らなければいけないため、手間がかかるというデメリットがあります。転職サイトを利用するとこういった雑務をコンサルタントが行ってくれるため、直接応募でのデメリットが目立ちます。
 転職サイトを医療機関や施設が利用する場合、その転職サイトを通して医師が入職すると、その年収の決められた割合の報酬をそのサイトに払う必要があります。かなり高額です。しかし、直接応募で医師が転職してきた際は、医療機関や施設は、そのお金を支払う必要がないのです。そのため、採用されやすい可能性があります。

 

直接応募のデメリット

 デメリットとしては、1.自分で全て連絡を取らなければいけないため、手間がかかる2.転職サイトなどで知れる応募先の情報が少ない3.履歴書や面接対策ができない4.待遇面などの交渉がしにくい
 ことなどが挙げられます。

 

 しかし、この中の2.は転職サイトを併用することで解決することができます。
 どういったことなのかというと、転職サイトを利用していても、最終的に転職サイトで転職を決める必要はないのです。転職サイトで気になる求人を検索し、アドバイザーに細かな情報を聞いてから、最終的に直接応募で入職することは全く問題ないです。そういった利用方法もあるでしょう。

 

 

 

 

医師転職サイト・求人サイトランキング

以下は医師におすすめの専門転職サイトです。どれも人気で評判も良く、転職の助けになってくれるでしょう。

転職サイト名

利用料金

運営会社

エムスリーキャリアエージェント


無料

エムスリーキャリア

株式会社

医師転職ドットコム


無料

株式会社メディウェル

Dr.転職なび

無料

エムスリーキャリア

株式会社 

JMC

無料

日本メディカル

コネクション

株式会社 

リクルートドクターズキャリア


無料

株式会社リクルート

ドクターズキャリア



*非常勤(アルバイト)・スポットバイトにおすすめ

→「医師バイトドットコム

 

*サイトにより扱う求人が異なるので、求人を漏れなく集めるためにも複数のサイトに登録することをおすすめします。3サイトほどに登録すると良いでしょう。転職サイトでは、登録者にしか紹介していない非公開求人という求人があります。非公開求人は条件が良いことが多いです。転職サイトによって扱っている非公開求人も異なります。条件の良い求人を複数集めて比較するためにも、やはり転職サイトは複数登録がおすすめです。
 また、これは医師の転職以外にも言えることなのですが、コンサルタントとの相性が良くなかったことが原因で転職に失敗するケースもあります。相性の見極めのためにも、やはり転職サイトは複数利用することがおすすめです。

サブメニュー

おすすめ転職サイト


転職サイトを利用するメリット おすすめ転職・求人サイトランキング比較 非常勤(バイト)・スポット(単発)