医師が製薬会社で働くには、なるには・なる方法・要件。給与・年収など

医師が製薬会社で働く

 医師は医療現場だけがフィールドではありません。製薬会社で新薬の開発に携わることも可能です。このページでは、こうした製薬会社の医師について紹介します。

 

 

製薬会社で働く

 医療現場だけが医師のフィールドではなく、医師には様々な勤務先があり、様々な働き方があります。
 そのうちのひとつが製薬会社で働くことです。こういった製薬会社に勤務する医師をメディカルドクター(MD)とも呼びます。

 

 製薬会社で働く場合、治療行為は行わず、新薬の開発などの業務に携わることになります。

 

 研究色が強い仕事で、研究実績を活かすことができるでしょう。製薬会社で働く場合、医師免許は必要ありませんし、研究・開発職であっても薬学部や理学部出身者は多いです。しかし、医師免許を持っていると、かなり有利になるようです。

 

 

 

製薬会社で働くメリット・デメリット

 製薬会社で働く医師のメリット・デメリットについて解説します。

メリット

 製薬会社に勤務する医師(メディカルドクター=MD)にはどのような魅力があるのでしょうか?メリットについていくつか述べていきます。

 

QOLの良さ

 製薬会社に就職、転職する大きな動機になるのが、QOLのよさだと言われています。土日・祝日に休みが取れ、給与の面でも医療機関で働いている場合と遜色のない額が支給されることが多いので、勤務環境に満足できるのです。

 

組織の動かし方が学べる

 やはり、様々な役職の人や役割の人を動かす立場になることも多いです。そうなると必然的にかなり大きな組織の動かし方が学べる可能性が高いです。

 

業務管理の方法を学べる

 どうしても、細かい事務作業であったり、業務の管理は必要になります。そういった管理の方法を学ぶ経験を積めます。

 

大きなプロジェクトに関わり進める能力が身につく

 製薬は一大プロジェクトです。こうした大きなプロジェクトを長いスパンで組み、関わることで、そういったプロジェクトを有効的に進める能力が身に付きます。

 

デメリット

 医師が製薬会社で働くデメリットについて解説します。

 

臨床への復帰が難しい

 現場から離れる時間が長いほど、臨床に戻るのは困難になります。
 しかし、製薬会社によってはMDが医療機関に非常勤で勤務できるように体制を組んでいるところもあります。そういった体制を利用して、臨床から離れないようにするのもひとつの手だと言えるでしょう。
 ただし、これに関しては注意が必要で、そういったMDが医療機関に非常勤で勤務することに難色を示すようなところもあるようです。そういった職場を選ばないように、事前にコンサルタントに確認を取りましょう。

 

医師転職サイト・求人サイトランキング

以下は医師におすすめの専門転職サイトです。どれも人気で評判も良く、転職の助けになってくれるでしょう。

転職サイト名

利用料金

運営会社

エムスリーキャリアエージェント


無料

エムスリーキャリア

株式会社

医師転職ドットコム


無料

株式会社メディウェル

Dr.転職なび

無料

エムスリーキャリア

株式会社 

JMC

無料

日本メディカル

コネクション

株式会社 

リクルートドクターズキャリア


無料

株式会社リクルート

ドクターズキャリア



*非常勤(アルバイト)・スポットバイトにおすすめ

→「医師バイトドットコム

 

*サイトにより扱う求人が異なるので、求人を漏れなく集めるためにも複数のサイトに登録することをおすすめします。3サイトほどに登録すると良いでしょう。転職サイトでは、登録者にしか紹介していない非公開求人という求人があります。非公開求人は条件が良いことが多いです。転職サイトによって扱っている非公開求人も異なります。条件の良い求人を複数集めて比較するためにも、やはり転職サイトは複数登録がおすすめです。
 また、これは医師の転職以外にも言えることなのですが、コンサルタントとの相性が良くなかったことが原因で転職に失敗するケースもあります。相性の見極めのためにも、やはり転職サイトは複数利用することがおすすめです。

サブメニュー

おすすめ転職サイト


転職サイトを利用するメリット おすすめ転職・求人サイトランキング比較 非常勤(バイト)・スポット(単発)