医師の初任給と年収

医師の初任給と年収

 このページでは医師の初任給と年収について説明していきます。

 

 

 

医師の初任給は?

 大卒の一般的な新卒者の初任給は20万円ちょっとであることが多いようです。
それでは、医師の初任給はいくらくらいでしょうか?医学部医学科は6年制ですが、どれくらい給料が高いのでしょうか?

 

 政府の人事院が出している平成25年職種別民間給与実態調査によると、準新卒医師の平均初任給は479467円でした。他の職業では、会社規模が大きいほど給与が高い傾向にありますが、医師の場合は逆で、規模が小さい病院の方が報酬が高い傾向にあるようです。
 これは、医師が不足している場合、給与を上げてでも医師に来て欲しい病院が多いからです。需要に対して医師が不足しているとも言えます。
 医学部を卒業したばかりの前期研修医だと、やはりまだ見習い期間だからかかなり初任給も安く、30万円〜35万円ほどのようです。一昔前は、これよりかなり安かったようで、だいぶましにはなったようです。

 

 準新卒というのは、前期研修を終えた医師が平成25年4月までのあいだに採用された場合を表します。
 また、この金額は決まって支給される給与から時間外手当、家族手当、通勤手当など特定の者のみに支給される給与を除いたものです。そして、国家公務員の地域手当に相当する給与を含むものです。

 

 

医師の年収

医師の年収

 「医師の年収・転職調査2013」という日経メディカル オンラインが実施したアンケートによると、医師の平均年収は1477万円と判明しました。

 

医師は年収に満足しているのか?

 このアンケートでは、勤務先の給与に満足しているか?という項目があり、そのアンケート結果によると、勤務医840人の6割が満足しているようです。
 この満足度には年収1500万円の壁があり、1500万円以上稼いでいる医師は、満足であると回答している傾向にあるようです。

 

平均年収の12%はアルバイト収入

 「医師の年収・転職調査2013」のアンケートに答えた医師の年収総額は1477万円ですが、主たる勤務先の給与に限ると1293万円が平均で、年収総額の12%はアルバイト収入です。つまり、本業で年収1293万円稼ぎ、184万円分を医師のスポットバイトや非常勤バイトで稼いでいるというのが、 「医師の年収・転職調査2013」でわかった医師の平均年収の内訳のようです。

 

年収・現状に満足していない方は・・・

 貴方の年収は平均より高かったでしょうか、低かったでしょうか。年収や現在の働き方に満足いかない方は転職サイトに登録してみてはどうでしょう。すぐに転職活動をしなかったとしても、登録しておけば自分の理想の求人が紹介されるかもしれません。働き方によっては非常に狭き門もあります。こうしたチャンスを逃さないためにも転職サイトに登録しておくと便利です。
 また、転職する気はないが休みの日に単発のアルバイトを入れたいという場合にも転職サイトが便利です。
 おすすめの転職サイトは以下のとおりです。

医師転職サイト・求人サイトランキング

以下は医師におすすめの専門転職サイトです。どれも人気で評判も良く、転職の助けになってくれるでしょう。

転職サイト名

利用料金

運営会社

エムスリーキャリアエージェント


無料

エムスリーキャリア

株式会社

医師転職ドットコム


無料

株式会社メディウェル

Dr.転職なび

無料

エムスリーキャリア

株式会社 

JMC

無料

日本メディカル

コネクション

株式会社 

リクルートドクターズキャリア


無料

株式会社リクルート

ドクターズキャリア



*非常勤(アルバイト)・スポットバイトにおすすめ

→「医師バイトドットコム

 

*サイトにより扱う求人が異なるので、求人を漏れなく集めるためにも複数のサイトに登録することをおすすめします。3サイトほどに登録すると良いでしょう。転職サイトでは、登録者にしか紹介していない非公開求人という求人があります。非公開求人は条件が良いことが多いです。転職サイトによって扱っている非公開求人も異なります。条件の良い求人を複数集めて比較するためにも、やはり転職サイトは複数登録がおすすめです。
 また、これは医師の転職以外にも言えることなのですが、コンサルタントとの相性が良くなかったことが原因で転職に失敗するケースもあります。相性の見極めのためにも、やはり転職サイトは複数利用することがおすすめです。

サブメニュー

おすすめ転職サイト


転職サイトを利用するメリット おすすめ転職・求人サイトランキング比較 非常勤(バイト)・スポット(単発)